報道写真311~

2011年 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 | 2012年 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月
2013年 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月
ページジャンプ 50p | 100p | 150p | 200p | 250p        twitter@quamoclit

The Fukushima Earthquake Actually Changed Earth’s Gravity
The 2011 Tohoku earthquake, which caused the tsunami behind the Fukushima Daiichi nuclear meltdown, disrupted more than man-made structures. The European Space Agency’s GOCE satellite, measured a significant change in Earth’s gravity after the earthquake before falling out of the sky on November 11th.


日本の地震で地球の重力が変動していたことが判明。着水したGOCE衛星のデータで : ギズモード・ジャパン
2011年の東北太平洋沖地震で破壊されたのは人工物だけではなかったようです。
先月11日、大西洋に落下したESA(欧州宇宙機関)の重力分布観測衛星「GOCE(ゴーチェ)」から恐るべき観測データが出てきました。日本の地震で地球の重力が大幅に変わっていたのです。
2013/12/04

The Fukushima Earthquake Actually Changed Earth’s Gravity

The 2011 Tohoku earthquake, which caused the tsunami behind the Fukushima Daiichi nuclear meltdown, disrupted more than man-made structures. The European Space Agency’s GOCE satellite, measured a significant change in Earth’s gravity after the earthquake before falling out of the sky on November 11th.

日本の地震で地球の重力が変動していたことが判明。着水したGOCE衛星のデータで : ギズモード・ジャパン

2011年の東北太平洋沖地震で破壊されたのは人工物だけではなかったようです。

先月11日、大西洋に落下したESA(欧州宇宙機関)の重力分布観測衛星「GOCE(ゴーチェ)」から恐るべき観測データが出てきました。日本の地震で地球の重力が大幅に変わっていたのです。

2013/12/04

— 4 months ago
#earthquake  #Japan 

東日本大震災きょう1000日 避難者なお27万人
高さ20メートルまで山積みされた再生土砂。復興事業の遅れで行き場を失っている=気仙沼市松崎片浜
2013/12/04

東日本大震災きょう1000日 避難者なお27万人

高さ20メートルまで山積みされた再生土砂。復興事業の遅れで行き場を失っている=気仙沼市松崎片浜

2013/12/04

— 4 months ago
#Kesennuma  #Miyagi  #Tohoku  #earthquake 

朱色の鳥居、米オレゴンに漂着 震災2年、表面に貝殻も

東日本大震災の津波で流出した漂流物が相次いで見つかっている米オレゴン州の海岸で、鳥居の笠木とみられる木材が見つかった。地元の州当局が保管しており、在ポートランド出張駐在官事務所と協議して対応を決めるという。

2013/03/27

Possible Tsunami Debris Washed Ashore in Oregon | Weather Underground

OCEANSIDE, Ore. — More debris that may have come from the 2011 Japanese tsunami has been reported at Oceanside Beach, Ore.

Oregon Parks and Recreation spokesman Chris Havel says the 16-foot-long object is made of heavy wood and has been painted red, though it is now partially covered with marine organisms. Its shape resembles the top, horizontal part of a type of free-standing arch found in Japan and used to mark the entrance to a sacred site.

Havel says the object spotted last week has been picked up and is being stored in a secured state park maintenance yard, waiting on advice from the Consular Office of Japan in Portland.

— 1 year ago
#Oregon  #usa  #Japan  #tsunami 

Tsunami-hit town office to be preserved as ‘disaster remains’
OTSUCHI, Iwate — Authorities here have decided to preserve part of the former town office building where the lives of 40 town officials — including the mayor — were lost to the March 2011 tsunami, in order to keep a memory of the devastating natural calamity.
Otsuchi Mayor Yutaka Ikarigawa announced the decision at a press conference on March 28, saying, “It is necessary to conserve the remains of the disaster in order to keep its memory from fading, as well as through words and footage about the catastrophe.”
The decision comes amid the pros and cons of the fate of the former town office, where then Otsuchi Mayor Koki Kato and 39 other town officials were lost to the tsunami on March 11, 2011. While there have been calls and petition drives for the preservation of the building as “quake-disaster remains” in light of disaster-prevention education and lessons for future generations, others called for dismantling the structure in consideration of the sentiment of some of the bereaved families, who complained that “even a glimpse of the building is heartbreaking.”
The town said it will consider preserving the facade of the building with its entrance and a clock, while consulting with the central government over how to utilize disaster recovery subsidies in covering over 100 million yen in costs for reinforcing and maintaining the structure.
東日本大震災:岩手・大槌町旧役場庁舎、保存へ
東日本大震災の津波で当時の町長や職員計40人が犠牲になった岩手県大槌町の旧役場庁舎を巡り、碇川豊町長は28日に会見し、「災害の記憶を風化させないため、言葉や映像だけでなく遺構の保存が必要」と述べ、一部を保存する方針を明らかにした。玄関や時計がある正面部分を残すことを検討するとし、補強や維持管理など1億円超の経費負担について今後、復興交付金の活用を国と協議していく。
2013/03/28

Tsunami-hit town office to be preserved as ‘disaster remains’

OTSUCHI, Iwate — Authorities here have decided to preserve part of the former town office building where the lives of 40 town officials — including the mayor — were lost to the March 2011 tsunami, in order to keep a memory of the devastating natural calamity.

Otsuchi Mayor Yutaka Ikarigawa announced the decision at a press conference on March 28, saying, “It is necessary to conserve the remains of the disaster in order to keep its memory from fading, as well as through words and footage about the catastrophe.”

The decision comes amid the pros and cons of the fate of the former town office, where then Otsuchi Mayor Koki Kato and 39 other town officials were lost to the tsunami on March 11, 2011. While there have been calls and petition drives for the preservation of the building as “quake-disaster remains” in light of disaster-prevention education and lessons for future generations, others called for dismantling the structure in consideration of the sentiment of some of the bereaved families, who complained that “even a glimpse of the building is heartbreaking.”

The town said it will consider preserving the facade of the building with its entrance and a clock, while consulting with the central government over how to utilize disaster recovery subsidies in covering over 100 million yen in costs for reinforcing and maintaining the structure.

東日本大震災:岩手・大槌町旧役場庁舎、保存へ

東日本大震災の津波で当時の町長や職員計40人が犠牲になった岩手県大槌町の旧役場庁舎を巡り、碇川豊町長は28日に会見し、「災害の記憶を風化させないため、言葉や映像だけでなく遺構の保存が必要」と述べ、一部を保存する方針を明らかにした。玄関や時計がある正面部分を残すことを検討するとし、補強や維持管理など1億円超の経費負担について今後、復興交付金の活用を国と協議していく。

2013/03/28
— 1 year ago
#Otsuchi  #Iwate  #Japan  #tsunami 

津波で米国漂着の日本漁船内に「イシダイ」5匹、元気に生息

米西部ワシントン州の魚類野生生物局当局は6日までに、2年前の東日本大震災の津波で流され同州に漂着したとみられる日本の漁船内で5匹の魚「イシダイ」が元気に生きているのが見つかったと明らかにした。

イシダイは全長約6メートルの漁船船尾にあるタンク内で見つかったもので、手の平ほどの大きさ。日本、中国や朝鮮半島近海の暖流海域に特有な種としている。

漁船は先月、ワシントン州ロングビーチ近くに漂着していた。タンクのふたはなかった。魚類野生生物局の科学者は、船尾部分は漂流の間、海面下に沈み、イシダイが出入りできる「すみか」の状態と化していたと分析している。

2013/04/06

Five fish stow away on tsunami-tossed boat - CNN.com

Most outrageous fish tales begin with an arching arm gesture and “a fish this big” — but this one starts with “fish that traveled this far.”

Just over two years after the Japan earthquake and tsunami, researchers made a startling discovery in a 20-foot-long Japanese fishing vessel that washed ashore last month near Long Beach, Washington: five tropical fish, alive and well.

They are called striped beakfish, and they are native to warmer waters near Japan, China and the Korean Peninsula.

The five stowaways, roughly the size of your palm, lived in a cozy spot at the back of the boat.

— 1 year ago
#USA  #Japan  #tsunami 

震災時の教室、集えるように 福島・浪江小の先生ら掃除

東京電力福島第一原発事故で警戒区域に指定されている福島県浪江町の浪江小学校。4月1日の区域再編で立ち入り規制が緩和されるのを前に23日、震災当時の先生らが教室を掃除した。

2013/03/24

— 1 year ago
#Namie  #Fukushima 

故郷への思い胸に 福島・浪江中、避難先で卒業式

東日本大震災と原発事故に見舞われた福島県浪江町の浪江中学校の卒業式が13日、同県二本松市の仮校舎であった。

卒業生は20人。「太平洋、永遠(とわ)にとどろき」という町の風景を描いた校歌を涙ながらに歌う女子生徒もいた。

2013/03/13

— 1 year ago
#Namie  #Nihonmatsu  #Fukushima 

志津川中での卒業式を終えて迎えのバスに乗る間際、職員室に向き直って「3年間ありがとうございました」と叫ぶ志津川中の生徒たち=10日午後、宮城県南三陸町志津川、越田省吾撮影
2013/03/10

志津川中での卒業式を終えて迎えのバスに乗る間際、職員室に向き直って「3年間ありがとうございました」と叫ぶ志津川中の生徒たち=10日午後、宮城県南三陸町志津川、越田省吾撮影

2013/03/10

— 1 year ago
#Minamisanriku  #Miyagi 

「天国の母さんみてて」 被災の3中学生、選抜始球式に
東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県の中学2年生3人が第85回記念選抜高校野球大会で始球式のマウンドに立つ。亡くなった家族や被災地への思いを胸に、大舞台で1球を投じる。
放課後、練習に励む千葉大誠君=宮城県東松島市、日吉健吾撮影
2013/03/09

「天国の母さんみてて」 被災の3中学生、選抜始球式に

東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県の中学2年生3人が第85回記念選抜高校野球大会で始球式のマウンドに立つ。亡くなった家族や被災地への思いを胸に、大舞台で1球を投じる。

放課後、練習に励む千葉大誠君=宮城県東松島市、日吉健吾撮影

2013/03/09

— 1 year ago
#Higashimatsushima  #Miyagi  #baseball 

17歳・あの日の制服… お姉ちゃんといっしょ
「お姉ちゃんと一緒に高校に通っている気がします」。岩手県立高田高校2年生の遠藤さんは、東日本大震災で亡くなった姉(当時17)が津波に巻き込まれた時につけていた制服のリボンをつけて、大船渡市の仮校舎に通っている。
2年前の3月11日、現在の遠藤さんと同じ高田高校生だった姉は、陸前高田市の海沿いにある室内プールで水泳部の練習中、地震にあった。「今から避難する」と母親にメールし、指定避難場所の市民会館に誘導され避難するが、津波は浜から約1キロ離れた会館をものみこんだ。数日後、姉の遺体は、会館の3階で見つかった。
震災で亡くなった姉の制服のリボンを身につけた遠藤さん=岩手県陸前高田市、西畑志朗撮影
2013/03/09

17歳・あの日の制服… お姉ちゃんといっしょ

「お姉ちゃんと一緒に高校に通っている気がします」。岩手県立高田高校2年生の遠藤さんは、東日本大震災で亡くなった姉(当時17)が津波に巻き込まれた時につけていた制服のリボンをつけて、大船渡市の仮校舎に通っている。

2年前の3月11日、現在の遠藤さんと同じ高田高校生だった姉は、陸前高田市の海沿いにある室内プールで水泳部の練習中、地震にあった。「今から避難する」と母親にメールし、指定避難場所の市民会館に誘導され避難するが、津波は浜から約1キロ離れた会館をものみこんだ。数日後、姉の遺体は、会館の3階で見つかった。

震災で亡くなった姉の制服のリボンを身につけた遠藤さん=岩手県陸前高田市、西畑志朗撮影

2013/03/09

— 1 year ago
#Rikuzentakata  #Iwate  #Japan  #tsunami 

人気漫画「復活」で震災孤児ら支援 4月に出版し寄付
東日本大震災からの復興を支援しようと、細野不二彦さんら人気漫画家8人が代表作品の新作を単行本に編む企画を進めている。4月末に出版し、印税や出版社の収益は震災孤児らに寄付する。「漫画家ならではの方法で手をさしのべたい」との思いを2年越しで実現させる。
収録されるのは、美術を巡る人間ドラマを描いた細野さんの「ギャラリーフェイク」のほか、宮城県登米市出身の故・石ノ森章太郎さん原作の「サイボーグ009」、岩手県奥州市出身の吉田戦車さんの「伝染(うつ)るんです。」など。
漫画誌での連載を終えてなお、多くのファンに読み継がれている人気作がそろう。被災地のためにキャラクターが再登場する、という企画の狙いから、書名は「ヒーローズ・カムバック」と名付けた。
単行本に収録する「ギャラリーフェイク 特別篇」。被災地を舞台にした(C)細野不二彦/週刊ビッグコミックスピリッツ

人気漫画「復活」で震災孤児ら支援 4月に出版し寄付

東日本大震災からの復興を支援しようと、細野不二彦さんら人気漫画家8人が代表作品の新作を単行本に編む企画を進めている。4月末に出版し、印税や出版社の収益は震災孤児らに寄付する。「漫画家ならではの方法で手をさしのべたい」との思いを2年越しで実現させる。

収録されるのは、美術を巡る人間ドラマを描いた細野さんの「ギャラリーフェイク」のほか、宮城県登米市出身の故・石ノ森章太郎さん原作の「サイボーグ009」、岩手県奥州市出身の吉田戦車さんの「伝染(うつ)るんです。」など。

漫画誌での連載を終えてなお、多くのファンに読み継がれている人気作がそろう。被災地のためにキャラクターが再登場する、という企画の狙いから、書名は「ヒーローズ・カムバック」と名付けた。

単行本に収録する「ギャラリーフェイク 特別篇」。被災地を舞台にした(C)細野不二彦/週刊ビッグコミックスピリッツ

— 1 year ago
#Gallery Fake  #Japan